浅野直樹の学習日記

この画面は、簡易表示です

未分類

LPIC-1に合格しました

LPIC-1に合格しました。

どちらもできたという手応えはあったのですが、結構ぎりぎりですね…

 

1年ほど前から漠然とLPICを意識するようになり、LPIC受験までに乱読した本たちを読んだりしました。

 

1か月ほど前に具体的な受験予定を決めてからしたことは以下になります。

 

まず、LPI Learning Materialsをもう一度読みました。何と言ってもこれは公式筋の学習教材ですし、質が高いので、最優先になるでしょう。Essentialsから読むことをおすすめします。日本語訳は現状101の途中までしかありません。

 

次に、Ping-tを一通りやりました。WEB問題集とコマ問の両方を少なくとも1周はしました。

 

俗に言うあずき本、白本、黒本もこの順で全部読みました。最初に解説がまとまっているあずき本を読んでいけるかもと思い、白本で撃沈し、黒本で自信を回復するという順番になりました。


LPICレベル1 : Linux技術者認定試験学習書


作 者: 中島能和 著,濱野賢一朗 監修

出版社: 翔泳社

発売日: 2015年06月26日


LPICレベル1スピードマスター問題集 : Linux技術者認定試験学習書


作 者: 山本道子, 大竹龍史 著

出版社: 翔泳社

発売日: 2015年11月19日


LPIC Level1問題集 : LPI Level1 Exam 101 LPI Level1 Exam 102


作 者: 鳥谷部昭寛, 菖蒲淳司 著,ソキウス・ジャパン 編

出版社: インプレス

発売日: 2015年12月17日

 

私はケチって少し前のバージョンの本を入手しました。概ね内容は合っていたものの、やはり現在の試験範囲とは少し違うと感じる部分はありました。お金に余裕があるなら最新版にしたほうがよいです。

 

自分の環境でコマンドを打ち込んで確認したり、○○と△△ってどう違うんだろうと検索して調べたりした知識は定着がよく、試験でも答えやすかったです。

 

大量にインプットしてキーワードや機能の存在を知る→自分の環境で試したり調べたりして深く理解する→直前にコマンドのオプションの種類などを記憶の片隅に詰め込む、という流れがいいかなと思っています。

 

それと、試験時間は余りがちですから、見直しを慎重にすることをおすすめします。

 

LPIC-1の受験をきっかけにしてlinuxをよりスムーズに使えるようになり自信がついたのはよかったです。



LPIC受験までに乱読した本たち

私は10年ほどlinuxを使ってきました。といってもGUIベースのubuntu系なので、ごく基本的なコマンドしか使っていませんでした。

最近はdocker等のクラウドを使うことが多くなり、ちょっとしたシェルスクリプトを書くことが多くなりました。

そこで、この際にLPICを受験してlinuxの基礎を固めようと決意しました。

受験日を決めるまでに乱読した本たちを紹介します。

 

1.入門的な本

(1)入門者のLinux : 素朴な疑問を解消しながら学ぶ


入門者のLinux : 素朴な疑問を解消しながら学ぶ


作 者: 奈佐原顕郎 著

出版社: 講談社

発売日: 2016年11月11日

実践的な形でlinuxに触れられるのがよいです。著者の情熱が伝わってきます。linuxを使うと何ができるか、どうよいのかが何となくわかる本なので、最初の一冊としておすすめします。

 

(2)新しいLinuxの教科書


新しいLinuxの教科書


作 者: 三宅英明, 大角祐介 著

出版社: SBクリエイティブ

発売日: 2015年11月02日

その名の通り教科書的な内容です。すでにlinuxを学ぼうとするモチベーションがあるならこの本から入るのがよいです。

 

(3)Linux標準教科書





作 者: 

出版社: 

発売日: 1970年01月01日

Linux標準教科書 ダウンロード LinuCレベル1対応 | Linux技術者認定試験 リナック | LPI-Japanから無料で手に入れることができるので、気軽に読むことができます。サーバー構築やセキュリティなどの上位版も無料で読めるのでありがたいです。

 

(4)UNIXシェルスクリプトコマンドブック


UNIXシェルスクリプトコマンドブック


作 者: 山下哲典 著

出版社: SBクリエイティブ

発売日: 2015年10月27日

(5)UNIXコマンドブック : UNIX Fedora,Ubuntu,Mac OS 10,FreeBSD,Solaris


UNIXコマンドブック : UNIX Fedora,Ubuntu,Mac OS 10,FreeBSD,Solaris


作 者: 田谷文彦, 三澤明 著

出版社: ソフトバンククリエイティブ

発売日: 2013年03月13日

短く項目が区切られているのでスキマ時間に読むには重宝します。

 

2.中井悦司さんの本

(1)プログラマのためのGoogle Cloud Platform入門 : サービスの全体像からクラウドネイティブアプリケーション構築まで


プログラマのためのGoogle Cloud Platform入門 : サービスの全体像からクラウドネイティブアプリケーション構築まで


作 者: 阿佐志保 著,中井悦司 著・監修

出版社: 翔泳社

発売日: 2017年08月02日

私が初めて出会った中井悦司さんの本はこれです。GCPを学ぶ必要性に駆られて手に取りました。GCPとは直接関係のない教養的な内容があったのが、私にとっては魅力的でした。

 

(2)プロのためのLinuxシステム構築・運用技術


プロのためのLinuxシステム構築・運用技術 : システム構築運用/ネットワーク・ストレージ管理の秘訣がわかる : キックスタートによる自動インストール、運用プロセスの理解、SAN/iSCSI、L2/L3スイッチ、VLAN,Linuxカーネル、systemd、ファイルシステム、問題判別ノウハウ、プロとしてのLinux技術


作 者: 中井悦司 著

出版社: 技術評論社

発売日: 2016年10月06日

著者から芋づる式にたどって次に読んだのがこれです。同著者の本の中では比較的新しいです。初心者レベルではなく、LPIC-2よりも高度かなと感じます。

 

(3)プロのためのLinuxシステム・10年効く技術 : シェルスクリプトを書き,ソースコードを読み,自在にシステムを作る


プロのためのLinuxシステム・10年効く技術 : シェルスクリプトを書き,ソースコードを読み,自在にシステムを作る


作 者: 中井悦司 著

出版社: 技術評論社

発売日: 2012年09月25日

10年くらい前の古い本です。技術というか考え方は10年後の今でも効きますね。

 

(4)「独習Linux専科」サーバ構築/運用/管理 : あなたに伝えたい技と知恵と鉄則


「独習Linux専科」サーバ構築/運用/管理 : あなたに伝えたい技と知恵と鉄則


作 者: 中井悦司 著

出版社: 技術評論社

発売日: 2013年09月18日

中井悦司さんの本の中では一番入門的で教科書的だと思います。

 

(5)プロのためのLinuxシステム・ネットワーク管理技術


プロのためのLinuxシステム・ネットワーク管理技術 : ネットワーク・インフラ構築,セキュリティ管理,仮想化技術の極意がわかる : セキュリティ管理,iptables,OpenLDAP,Kerberos,KVM仮想化環境,プロとしてのLinuxネットワーク管理技術 : Red Hat Enterprise Linux対応


作 者: 中井悦司 著

出版社: 技術評論社

発売日: 2011年06月01日

かなり細かい内容に入り込んでいるので、プロのためのLinuxシステム・ネットワ-ク管理技術 / 中井 悦司【著】 – 紀伊國屋書店ウェブストア|オンライン書店|本、雑誌の通販、電子書籍ストアで目次を見て必要だと感じる人が読めばいいかなと思いました。

 

(6)Docker実践入門 : Linuxコンテナ技術の基礎から応用まで : Docker Hub、Dockerfile、Kubernetes、Atomic Host


Docker実践入門 : Linuxコンテナ技術の基礎から応用まで : Docker Hub、Dockerfile、Kubernetes、Atomic Host


作 者: 中井悦司 著

出版社: 技術評論社

発売日: 2015年11月12日

dockerを使っていてlinuxを学ぶ必要を感じた私のような人にはぴったりの本です。

 

3.オライリー本

(1)入門bash : bash 2.05b & 3.0対応


入門bash : bash 2.05b & 3.0対応


作 者: Cameron Newham, Bill Rosenblatt 著,クイープ 訳

出版社: オライリー・ジャパン

発売日: 2005年12月07日

オライリー本が好きな人には間違いなくおすすめします。

 

(2)詳解シェルスクリプト


詳解シェルスクリプト


作 者: Arnold Robbins, Nelson H.F.Beebe 著,日向あおい 訳

出版社: オライリー・ジャパン

発売日: 2015年10月27日

こちらもオライリー本らしさが発揮されています。上の入門bashより難しく感じました。

 

4.番外編

UNIXという考え方 : その設計思想と哲学


UNIXという考え方 : その設計思想と哲学


作 者: Mike Gancarz 著,芳尾桂 監訳

出版社: オーム社

発売日: 2001年07月30日

これを読むとlinuxの背後にある思想がわかるかもしれません。古い本ではありますが、その点を割り引いても読んでいておもしろいです。

 



令和4年度春期応用情報技術者試験に合格しました

令和4年度春期応用情報技術者試験に合格しました。

結果を見る前に書いた記事は以下です。

応用情報技術者試験を受験しました

午後の記述式問題では、できたと思っていても減点されていたと推測されます。

上記のリンク先の記事で書いた方向性は大きく間違っていなかったと思います。

 



令和4(2022)年司法試験予備試験論文再現答案民事訴訟法

再現答案

 以下民事訴訟法についてはその条数のみを示す。

〔設問1〕

第1 ①の方法の適法性
 Xが当事者能力を有することを前提としても、Xが当事者として適切かどうかが問題となる。というのも、Xのような権利能力のない社団は、登記上、不動産の所有者になれないからである。もっとも、判例では、代表者名義の登記を求める訴えが認められており、甲土地の総有権の確認を求める本件訴えは、なおさら認められる。
 一般に、社団の代表者は、一切の裁判上又は裁判外の行為をする権限を有しているので、下線部の事情は問題とならない。問題になるとすれば、Xの内部で、A以外の訴えを提起することに反対している構成員が新たに代表者に選出され、その者が訴えを取り下げるということである。
 以上より、①の方法の訴えは適法である。
第2 ②の方法の適法性
 ②の方法のようにXの構成員らが原告となって甲土地の総有権の対外的な確認を求める訴えは、実体法的に合一にのみ確定すべきなので、40条1項の必要的共同訴訟である。必要的共同訴訟であるかどうかは、実体法を基準にして訴訟法的な調整をして判断するとしても、対外的な総有権の確認はどうしても合一にのみ確定すべきであり、調整の余地はない。しかも、これは、訴訟提起の段階から共同が求められる固有必要的共同訴訟である。
 Xの構成員全員が原告になれば訴えが適法であるが、下線部の事情からそれは不可能である。そうすると、②の方法の訴えは不適法であるようにも思われる。総有権ではなく入会権(固有必要的共同訴訟である)についてではあるが、その対外的な確認を求める訴えが、同調しない者を被告に回せば適法であると判断した判例がある。裁判を受ける権利を保障するためにそれが妥当である。
 その判例に従うと、本件では、訴えに反対する構成員を被告にして、賛成する構成員が原告になり、Xの構成員全員が当事者になれば、訴えが適法になる。

〔設問2〕
第1 本件別訴の適法性
 142条で重複起訴が禁止されているのは、裁判所の判断の矛盾を防ぐことが主な理由である。被告の応訴の労を省き、訴訟経済に資することも理由であるが、副次的な理由にすぎない。裁判所の判断の矛盾を防ぐという観点から、禁止される重複起訴に当たるかどうかは、当事者と訴訟物の同一性から判断する。
 当事者については、本件訴訟も、本件別訴も、XとYで同一である。被告と原告とが入れ替わっているが、裁判所の判断の矛盾を防ぐためには、当事者が同じであると考える。訴訟物については、本件訴訟は甲土地の総有権(所有権)、本件別訴は所有権に基づく甲土地の明渡請求権であり、異なっている。本件別訟が認容されたときの主文は、「Xは、Yに対し、本件土地を明け渡せ。」というものになり、本件訴訟が認容されたときの主文である本件土地がXの総有(所有)であることの確認と矛盾しない。既判力(114条1項)は、判決の主文に包含するものに限り生じるところ、これらの主文に矛盾がないからである。例えば、本件土地をXが総有(所有)していたとしても、何らかの事情によりXがYに対し本件土地を明け渡さなければならない可能性がある。
 以上より、本件別訴は、142条で禁止される重複起訴に当たらず、適法である。
第2 前訴判決の既判力の後訴に対する作用
 後訴では、既判力を前提にして判断しなければならず、既判力に反する判断をしてはならないという作用がある。
 前訴判決については、前訴の口頭弁論終結時に(民事執行法35条2項から既判力の基準時は口頭弁論終結時だと解される)、Xが甲土地の総有権(所有権)を有していなかったという判断について既判力が生じる。Yが甲土地を所有していたという判断に既判力が生じるわけではない。
 事案に即して検討すると、後訴では、前訴の口頭弁論終結時にXが甲土地の総有権(所有権)を有していなかったという判断を前提にして判断しなければならず、この判断に反する判断をしてはならないという作用が及ぶ。もっとも、前訴の口頭弁論終結時以降にXが所有権を取得したとか、XでもYでもない者(Xの構成員でもよい)が前訴の口頭弁論終結時から甲土地を所有しているとかの判断をすることは許される。
 以上より、前訴でXの請求を棄却する判決をYが得たとしても、上記の作用が及ぶだけであり、後訴のYの請求が認容されるとは限らない。

以上

感想

 一読したときは何を書いたらよいのだろうかと悩みましたが、一つずつ考えていき、結果的にはそれなりに書けたのではないかなというところまでたどり着きました。




top