宇賀克也『行政法概説1 行政法総論 第4版』第9章「給付行政における主要な法的仕組み」

1.給付行政と対価

有償で行われる場合と無償で行われる場合がある

 

2.給付行政と拠出

拠出制のものもあれば無拠出のものもある

 

3.官民の役割分担

補完性の原則

公的事業と民間事業が共存する場合もある

 

4.給付行政における法的仕組み

行政庁による確認の仕組みを設ける場合とそうでない場合がある

給付決定が必要な場合とそうでない場合がある

権利実現が遡及する場合とそうでない場合がある

契約という形式で行われることもある

仮給付

 

5.公物使用

自由使用、許可使用、特許使用

 

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。