野中他『憲法』第六章包括的基本権と法の下の平等

1.生命、自由および幸福追求権

(1) 人格権

名誉権

プライバシーの権利、自己に関する情報をコントロールする権利

(肖像権、前科、指紋押捺、小説のモデル、大学での講演会名簿)

環境権

自己決定権

 

2.法の下の平等

(1) 「平等」の意味

形式的平等

実質的平等

 

(2) 「法の下の平等」の法的構造

法の適用だけでなく法の内容の平等も

14条後段の列挙事由(最判昭和48.4.4、列挙説)

 

(3) 平等原則と違憲審査

「不合理な差別」にあたるか否か(最判昭和48.4.4ーー尊属殺重罰規定違憲)

議員定数

 

(4) 個別的差別禁止事項

人種

信条(最判昭和48.12.12ーー三菱樹脂事件)

性別(最判昭和56.3.24ーー日産自動車男女別定年制事件)

社会的身分(最判平成20.6.4ーー国籍法違憲)

門地

その他(貴族制度、選挙など)

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。