野中他『憲法』第一〇章社会権

1.生存権

(1) 生存権の法的性格

プログラム規定説

抽象的権利説(最判昭和42.5.24ーー朝日訴訟)

具体的権利説

 

(2) 生存権の内容

第一項と第二項の関係

生存権の実現

 

(3) 環境権

 

2.教育を受ける権利

(1) 教育を受ける権利の内容

学習権(最判昭和51.5.21ーー旭川学力テスト事件)

教育の機会均等

義務教育の無償(最判昭和39.2.26,授業料不徴収の意味と解するのが相当)

 

(2) 教育の自由と教育権

教育の自由

教育権の所在

 

3.労働権

労働権の法的性格

勤務条件の法定

児童酷使の禁止

 

4.労働基本権

(1) 団結権

一定程度の労働組合の統制権

 

(2) 団体交渉権

 

(3) 争議権(団体行動権)

刑事・民事免責

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。