西田典之『刑法総論』第5章犯罪論の体系

第1節 犯罪論とは何か

構成要件該当性→違法性→有責性

 

第2節 未遂と共犯

第3節 犯罪論と刑法典総則との関係

 

第4節 法定刑・処断刑・宣告刑

法定刑…刑罰法規に規定されている刑

処断刑…法定刑に刑の加重・減軽(再犯加重、法律上の減軽、併合罪加重、酌量減軽)を加えて形成される刑の範囲

宣告刑…裁判官が具体的に被告人に言い渡す刑

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。