西田典之『刑法総論』第4章罪刑法定主義

第1節 法律主義

1 成文法主義

2 狭義の法律主義

3 法律の委任

猿払事件

4 条例による罰則

 

第2節 事後法の禁止

1 遡及処罰の禁止

2 公訴時効の遡及的延長

3 判例の遡及的変更

 

第3節 類推解釈の禁止

1 解釈の方法

(1) 文理解釈

(2) 反対解釈

(3) 縮小解釈

(4) 拡張解釈

2 類推解釈

3 拡張解釈の限界

 

第4節 明確性の原則

 

第5節 刑罰法規の適正

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。