西田典之『刑法各論』第3編第2章取引の安全に対する罪

第1節 通貨偽造の罪

1 保護法益

2 通貨偽造罪

行使の目的

3 偽造通貨行使罪

4 外国通貨偽造罪・偽造外国通貨行使罪

流通(≠強制通用)

5 偽造通貨収得罪

6 収得後知情行使罪

額面価格の3倍以下の罰金

7 通貨偽造準備罪

 

第2節 有価証券偽造の罪

1 総説

2 有価証券偽造・虚偽記入罪

権限の逸脱と濫用

3 偽造有価証券行使罪

 

第3節 支払用カード電磁的記録に関する罪

1 総説

2 支払用カード電磁的記録不正作出・供用・譲り渡し等の罪

3 不正電磁的記録カード所持罪

4 支払用カード電磁的記録不正作出準備罪

カード情報の取得、提供、保管と器械・原料の準備

5 罪数

 

第4節 文書偽造の罪

1 総説

形式主義(有形偽造の処罰が原則)と実質主義(無形偽造の処罰が原則)

2 詔書偽造罪

3 公文書偽造罪

有印公文書偽造、有印公文書変造、無印公文書偽造・変造

4 虚偽公文書作成罪

間接正犯が認められるかどうか

5 公正証書原本等不実記載罪

6 偽造公文書等行使罪

7 私文書偽造罪

権利・義務に関する文書および事実証明に関する文書

8 虚偽診断書作成罪

9 偽造私文書等行使罪

10 電磁的記録不正作出・供用罪

 

第5節 印章偽造の罪

1 総説

2 印章・署名・記号の意義

判例は印章に印影だけでなく印鑑も含んでいる

3 偽造・使用の意義

4 御璽等偽造・不正使用罪

5 公印等偽造・不正使用罪

6 公記号偽造・不正使用罪

7 私印偽造・不正使用罪

 

第6節 不正指令電磁的記録に関する罪

1 総説

2 不正指令電磁的記録作成等の罪

3 不正指令電磁的記録取得等の罪

 

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。