西田典之『刑法各論』第2編第2章身体に対する罪

第1節 総説

 

第2節 暴行罪

1 総説

2 暴行の意義

意義…物理力の行使

暴行概念の相対性…騒乱罪の暴行>公務執行妨害罪の暴行>暴行罪の暴行>強盗罪、強姦罪の暴行

身体的接触の要否…多数説、判例は不要

 

第3節 傷害罪

1 傷害の意義

2 傷害概念の相対性

3 暴行と傷害の関係

傷害罪は暴行罪の結果的加重犯

4 傷害致死罪

5 現場助勢罪

6 同時傷害の特例

 

第4節 危険運転致死傷罪

1 総説

2 結果的加重犯

3 行為

酩酊運転致死傷罪

制御困難運転致死傷罪

未熟運転致死傷罪

妨害運転致死傷罪

赤信号無視運転致死傷罪

4 他罪との関係

道交法は吸収される

 

第5節 凶器準備集合罪・結集罪

1 総説

2 保護法益・罪質

身体、財産に対する罪⇔公共危険罪

3 保護法益論の帰結

4 集合罪(1項)の成立要件

5 結集罪(2項)の成立要件

 

第6節 過失傷害罪・過失致死罪

1 総説

2 重過失致死傷罪

3 業務上過失致死傷罪

業務の意義…社会生活上の地位に基づくこと、反復継続性、身体・生命に対し危険な行為であること

4 自動車運転過失致死傷罪

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。