藤田広美『講義民事訴訟』CHAPTER 15「上訴制度」

1―再審理制度の政策的基礎

1 再審理制度の必要性

2 再審理の制度設計における訴訟政策

 

2―上訴

1 意義

2 種類

控訴、上告、抗告

3 裁判の形式と不服申立て

4 上訴の要件

不服の範囲と審判の範囲は異なる

5 上訴の効果

即時抗告以外には執行停止効がない

 

3―控訴

1 意義

2 控訴の提起

3 控訴提起の効力――控訴不可分

4 控訴の取下げ

訴えの取下げとは異なる

5 附帯控訴

6 控訴審の審理

続審制

7 控訴審の本案判決

 

4―上告

1 意義

2 上告の提起

3 上告理由(権利上告)

高裁への上告は判決に影響を及ぼすことが明らかな法令違反があることを理由にすることができる

4 上告受理申立て

5 上告審の審理

6 上告審の終局判決・決定

7 特別上告

 

5―抗告

1 意義

2 抗告をすることができる裁判

3 抗告の提起

4 抗告に対する審理

5 再抗告

6 特別抗告

7 許可抗告

 

 

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。