江頭憲治郎『株式会社法』第一章総論

第一節 企業形態の選択

一 企業の中で株式会社の占める地位

(1) 統計上のデータ

(2) 中小企業

(3) 従属会社

二 企業形態に関する新しいニーズ

(1) 法人格のない共同企業

匿名組合、LLPなど

(2) 限定された目的への利用

 

第二節 会社の概念

第一款 営利企業

一 営利企業の金銭的評価

(1) 総説

(2) 株式・持分の評価

期待リターンの現在価値の総和、割引率の決定、解体価値による評価

二 「営利」の目的と「株主の利益最大化」の原則

(1) 営利の目的

(2) 「株主の利益最大化」の原則

第二款 法人性

一 意義

(1) 社団法人

(2) 法人格の意義

二 法人としての株式会社

(1) 権利能力の範囲

法令による制限、定款所定の目的による制限、

(2) 会社の住所

(3) 会社の商人性

第三款 株主の有限責任

一 意義

二 有限責任の制度的裏付け

(1) 資本金

資本金の額の維持、純資産額300万円未満の場合の配当等の禁止

(2) 計算書類等の開示

三 法人格否認の法理

(1) 意義

(2) 法人格否認の要件

法人格の濫用、法人格の形骸化

(3) 法人格否認の効果

手続法上の効果について判例は否定的

 

第三節 会社法の役割

第一款 上場会社・閉鎖型のタイプの会社・結合企業の問題状況

一 上場会社における問題

経営者支配の問題

二 閉鎖型のタイプの会社における問題

少数派株主

三 結合企業における問題

支配株主と会社との利害対立

第二款 強行法規と定款自治

一 意義

二 伝統的立場と会社を「契約の束」と見る立場

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。