宇賀克也『行政法概説2 行政救済法 第3版』第1章「行政上の不服申立て総説」

1.行政上の不服申立ての特色

(1)長所

簡易迅速な救済

裁量審査(違法だけでなく不当も審理できる)

インカメラ審理

裁判所の負担の軽減

 

(2)短所

中立性の希薄さ

調査能力の限界

 

2.行政上の不服申立の立法政策

一般法の制定

 

3.行政上の不服申立ての一般法の歴史

訴願法(1890年)→行政不服審査法(1959年)→行政不服審査法大改正(2004年)

 

4.行政不服審査法を中心とする行政上の不服申立制度の概観

(1)概括主義への転換

 

(2)自由選択主義への転換

 

(3)行政救済重視への転換

 

(4)条例との関係

条例で上乗せすることは可能

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。