宇賀克也『行政法概説2 行政救済法』第16章「差止訴訟」

1 意義

 

2 差止訴訟の法定化

(1) 従前の議論

(2) 従前の裁判例

(3) 差止訴訟の法定

 

3 要件

(1) 訴訟要件

37条の4

(2) 原告本案勝訴要件

羈束処分…根拠となる法令の規定から明らかであると認められること

裁量処分…裁量権の逸脱・濫用

 

4 審理

 

5 訴訟の終了

 

6 仮の差止め

(1) 意義

(2) 要件

(3) 審理

(4) 仮の差止めの決定

(5) 即時抗告

(6) 仮の差止の取消し

(7) 内閣総理大臣の異議

 

7 改正行政事件訴訟法下における裁判例

(1) 差止訴訟

産業廃棄物処分場の許可差止め、国歌斉唱職務命令拒否による懲戒処分等の差止めなど

(2) 仮の差止め

市立保育園の廃止条例制定の差止めなど

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。