宇賀克也『行政法概説2 行政救済法』第14章「不作為の違法確認訴訟」

1 意義

 

2 訴訟要件

(1) 原告適格

「不作為の違法確認の訴えは、処分又は裁決についての申請をした者」

(2) 「相当の期間」の経過

必ずしも標準処理期間と一致しないが、重要な参考資料にはなる

 

3 審理

 

4 訴訟の終了

 

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。