宇賀克也『行政法概説1 行政法総論 第4版』第10章「行政資源取得行政における主要な法的仕組み」

1.金銭の取得

(1) 租税

申告納税方式と賦課課税方式

 

(2) 租税以外の金銭の取得

負担金(原因者負担金と受益者負担金)

 

(3) 公営競技等

 

(4) 当せん金付証票

 

(5) 財政専売

 

2.土地の取得

(1) 公用収用

事業認定→収用採決

 

(2) 公用使用

 

(3) 先買い

 

(4) 公共減歩

 

(5) 権利変換

 

3.物品の取得

通常、売買契約によって行われる

 

4.公務員の任用

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。