宇賀克也『行政法概説1 行政法総論 第4版』第5章「行政法と民事法」

1.公法私法二元論の否定

農地買収処分と民法177条…民法177条は適用されない

租税滞納処分と民法177条…民法177条は適用される

*個別に判断する

 

2.一般法としての民事法と特別法としての行政法

借地借家法と公営住宅法など

 

3.行政法規違反の行為と民事上の効力

取締法規(食肉販売業の許可など)・強行法規(臨時物資需給調整法など)論→履行段階論・経済的公序論

 

4.民事紛争の行政的処理

ADRなど

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。