内田貴『民法IV』第6章―養子

[一] 養子制度の歴史と機能

1 欧米の養子法の歴史

2 日本の養子法

菊田医師事件→特別養子制度

 

[二] 成立

1 実質的要件

(1) 主観的要件…意思の合致

(2) 客観的要件

792^798条

2 形式的要件

 

[三] 縁組の無効・取消し

 

[四] 縁組の効果

 

[五] 離縁

離婚とパラレルな仕組み

 

[六] 特別養子

1 制度趣旨

2 特別養子の要件

(1) 特別養子縁組の成立

家庭裁判所の審判によって成立する

(2) 要件

817条の2以下

3 特別養子の効果

4 離縁

基本的にできない

5 特別養子の現状

 

 

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。