内田貴『民法III』第5章―第三者による債権侵害

1 序

2 不法行為

(1) 伝統的通説の類型論

債権の帰属の侵害

給付の妨害―債権消滅型

給付の妨害―債権非消滅型

(2) 伝統的通説の問題点

(3) 新たな要件論

(4) 債権の帰属侵害型

通常の故意過失

(5) 債権の給付侵害型

事実行為による侵害(間接損害型)…故意、間接被害者と被害者本人が一体であるなら過失

事実行為による侵害(債務不履行誘発型)…故意

契約的介入による侵害(二重譲渡型)…過失

契約的介入による侵害(引き抜き型)…害意

(6) 責任財産を減少させる行為

事実行為…故意

法律行為…債権者取消権

(7) まとめ

3 妨害排除請求権

賃借権

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。