内田貴『民法III』第12章―多数当事者の債権債務関係

[一] なぜこれらの概念が必要か

4つの典型事例…共同相続(債務、売買)、共同購入、不法行為

 

[二] 分割債権・債務

 

[三] 連帯債務

1 連帯債務の成立

2 連帯債務の特色

(1) 連帯債務者の1人に生じた事由

(2) 求償関係

(3) 負担部分

3 連帯債権

 

[四] 不可分債権・債務

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。