内田貴『民法II』第8章―消費貸借・消費者信用

[一] 序

 

[二] 意義

1 成立

要物契約

公正証書・抵当権の効力に関して要物性を緩和

2 消費貸借契約の法的性質

無償・片務契約が民法の原則

 

[三] 効力・終了

1 効力

2 終了

返還時期の約定がない場合は催告の後相当の期間経過後

 

[四] 準消費貸借

 

[五] 消費者信用

1 序

消費者ローンとクレジット販売

2 割賦販売法

(1) 適用対象の取引

割賦販売、ローン提携販売、信用購入あっせん、前払式特定取引、前払式割賦販売

(2) 信用購入あっせん(クレジット取引)についての規制

書面の交付等

クーリング・オフ

(3) 抗弁の接続

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。