藤田広美『講義民事訴訟』INTRODUCTION「民事訴訟の全体構造」

1ー民事訴訟制度

1 民事訴訟制度の必要性

 

2 民事訴訟制度の特色

国家機関としての裁判所が、

私人間の生活関係に関する法律的紛争について、

相対立する利害関係人を関与させて、

終局的、強制的に解決する、

手続きである。

 

3 民事訴訟制度に内在する政策的契機

 

4 当事者主義と職権主義との役割分担

[1] 訴訟の開始

全面的に当事者主義

[2] 訴訟の審理

内容形成…当事者主義が基調+釈明権

手続進行…職権進行主義+監視機能

[3] 訴訟の終了

基本的に当事者主義

 

2ー本書の構成

1 民事訴訟審理の基本構造

2 民事訴訟手続の基本プロセス

3 展開的な訴訟手続

4 簡略手続、上訴

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。