内田貴『民法I』第1章―民法総論

[一]「民法」とは何か

近代的な民法の成立

私的自治

私法の一般法

 

[二]民法の構造と民法典の構成

1 民法の想定する法律関係

契約、所有、不法行為

 

2 民法の構造

(1) 債権と物権

(2) 債権編の内容…契約、事務管理、不当利得、不法行為

(3) 物権編の内容…所有権、制限物権(用益物権と担保物件)

 

3 日本民法典の構成――パンデクテン方式

 

[三]日本民法典の沿革――明治維新と民法典の編纂

ホワソナード草案

法典論争(民法出でて忠孝亡ぶ)

1898年明治民法施行

 

[四]本書の構成

教育的配慮からの組み換え

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。